マイ・ライフの親子関係

結婚したいと親に説明する

マイ・ライフの親子関係もところが、日本の親の多くは、マイ・ビジネスもユア・ビジネスも区別できず、あたかも,ュア・ライフがマイ・ライフであるかのように子供たちを支配しようとするのだからすさまじい。牛乳供の方も子供の方で、自分の人生の選択であるにもかかわらず親の意見を優先させ、・ひどい場合には自分の選択を捨て去ってしまうのだからだらしがない。最近も、まったくあきれ果てるような情けない話が届いた。私も知っている二四歳の青年が、職場で知りあった女性に恋し、実際し、結婚したいと親に説明するや、両親は猛反対。理由は、彼女に離婚歴があることと年齢が上の二点だアた。たとえ親の猛反対があれ、を使えば、原選手のように喝采を受け得るけれど、彼は叫親の観得に負け、彼女を諦めると決めたのである。

一人っ子である

設は一流国立大学を卒業し、その聞にアメカの大学に一年留学、将来はアメカの大盛践で学び大学教授になりたいとの夢を持っていた。しかし一人っ子である上、母親が病親のロポ弱とあって、彼はその夢を捨て、大学を出るとそのまま銀行に就職したのだった。との時の選択にしても、私は、一生の問題なのだし、親には親の人生があり、やりたい仕事に就くのが一番なのにと、とても残念に感じたのだが、今度のn結婚未遂事件もうあきれ返って、何たるイクジナシ、そんな男は恋愛する資格なんでありゃあしない、トじゃああるまいしと、相棒にこのお坊ちゃま惚の悪口雑言を並べたでた。年上の離婚歴のある女に胸陥れれば、特に彼のような家庭なら波風立つに決まっているのに、その波風が少しばかり嵐化したからといってすぐに逃げ出すとは、まったく主体性のかけらもない。まるで子供のおままごとだ。

独立家庭を営む

-自分に誇りを持とうもし私が相手の女性の友人だったとしたら、この破局に大喝采し、祝賀会でも聞いてあげる。こんないくじのない男は、結婚しても親の顔色ばかりうかがい、独立家庭を営む気概などあろうはずはなく、その辺を妻が指摘しようものならば、彼がそうしなければならない事情だけが世の正論であるかのように弁明し、あげくの果ては、何と冷たい女なんてことにされかねない。第一年上で離婚歴がある程度のことに差別感を持つ親に従う男の意識構造は、あまりにには、前近代的。それは妻に対してのみならず、すべての女に対する差別であり、弱者を踏みにじる奴隷主の発想だ。そんな男はロではどんな優しい言葉を並べようと、心の中では女を一人の人間として認めていないのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ